車田テキスト

アクセスカウンタ

zoom RSS 車田辞書【アダムスキーが見た金星人】

<<   作成日時 : 2005/03/11 01:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

車田辞書

【アダムスキーが見た金星人】


「捕まった宇宙人」と双璧を成す古典的宇宙人。
写真があるわけでもなく「見た」という事実に基づくイラストが有名。
見た」と言ってるのだからしょうがない。
人を疑うのはよくない。

釣りをしてると「アダムスキーが見た金星人級の話」をよく耳にする。

− 某釣れない河川にて −
「あそこの泡がたってる奥に窪みがあるだろ」
「こ〜〜〜んな、でかいブラウンが居るんだよ」
「みんな狙ってるけど釣れないんだ」

居る」と言ってるのだからしょうがない。
居ないから釣れないのでは?と疑問をもってはいけない。

− 知人が聞かされた話 −
「昔は鯉が、うじゃうじゃ居てよ。」
「ノッコミが凄くて、あの辺の葦はバタバタ倒れたんだ。」

まるで王蟲の突進がペジテを滅ぼすような凄い話だが、
倒れた」と言ってるのだからしょうがない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば・・・
ボクがガキの頃。死んだじいちゃんが良く言っていた
「俺が子供の頃に、多摩川で鯨を見たぞ!」って。

子供ながらに「絶対にウソだ」と思ったけど
じいちゃんが「見た」と言うのだからしょうがないね・・・・
横浜のJ
2005/03/13 06:22
多摩川に超巨大タマちゃん現る!
ワイドショーは大喜びですね。(笑)
車田
2005/03/13 14:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
車田辞書【アダムスキーが見た金星人】 車田テキスト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる